2013年9月19日木曜日

タイルマップの設置

Hammerwatch でタイルマップを設置する方法です。

まず Tilemap パネルを開きます。
エディタの右側の Tilemap タブをクリックすればOKです。(デフォルトで開かれています)
メニューの Layers -> Active Layer -> Tilemap を選択、または Alt + 1 でも開けます。



リストの中から設置したいタイルマップを選んで、ドラッグすると配置することができます。



マウスの右ドラッグで設置したタイルマップを削除できます。
ただし、削除できるのは現在選択中のタイルだけなので注意してください。
消したと思ったら消してなかったということが結構あります。

タイルマップはいくつか重ねて塗ることができます。
例えば、a_default.xml の上に a_scattered.xml を塗ることができます。
このとき、下のタイルマップはそのまま残っており、上のタイルマップを消すと姿を表します。
タイルマップ名のチェックボックスを外すと非表示にできるので、重なっているかどうかはここで確認可能です。

Brush でタイルマップの塗り方を変えられます。
細かいところを塗るときは小さく、おおまかに塗るときは大きくしましょう。
サイズを大きくして1回クリックすると大きな円形を描くこともできます。




画面外にはみ出たときは WASD キーで画面をスクロールしたり、マウスホイールで拡大縮小してください。

Brush の Hardress でブラシの輪郭をぼやけさせることができます。
0 ~ 100 までで設定できます。

Hard = 0

Brush の Alpha でタイルの透明度を設定できます。
1 ~ 100 までで設定できます。

Alpha = 1

Erase をチェックすると左ボタンで削除、右ボタンで塗るに切り替わります。使いません。

Brush をうまく組み合わせるとグラデーションの効いたマップを作ることができます。


0 件のコメント:

コメントを投稿